たまごごはん

役に立ちそうなことを忘備録。オススメ情報や開封レビュー!

コンパクトキャンプ

静岡市〜藁科川沿いの「温泉付きBBQスポット」食べて遊んで湯につかる〜湯ノ島温泉広場をレポート!

投稿日:2019年9月30日 更新日:

静岡市奥藁科のキャンプ・BBQ広場、湯ノ島温泉の隣です

静岡駅から1時間、気軽に行ける「温泉付きのBBQスポット?!」そんなものがあるとは〜!!

もちろん駐車場・トイレあり。そしてなんといっても「温泉付き!」という、非常に珍しいラグジュアリーな物件でございます。場所は静岡市の奥藁科、湯ノ島温泉。バーベキュー・デイキャンプにぴったりな「湯ノ島温泉広場」をちょこっと見てきましたのでレポートです。

湯ノ島温泉の隣にある、多目的広場。BBQ・デイキャンプにぴったり

先日訪れた湯ノ島温泉。その駐車場入口にこんな看板がありました。

↑そう、ここにちょっとした広場があるそうで、バーベキューやキャンプを楽しむことができます。

↑剥がれかけていますが・・利用案内が貼ってあります。

ちょっと見にくいですが、

MEMO

1台/1000円
大人/500円
子供/200円
※温泉入浴条件付きとさせていただきます

と書かれています。代金は湯ノ島温泉の受付で支払います。そして利用の前後には温泉利用もしてね、ということらしいです。

そのまま小道を進むと湯ノ島温泉の裏手にでます。藁科川沿いに車の轍があり、そのまま奥に進んでいきます。

↑広場はこの奥。突き当りにみえる茂み、その裏側が広場です。

ここが「湯ノ島温泉広場」有料だけど、有料だからイイ??

勝手に想像していたものよりも・・少し小さめでしたが、とても小綺麗な場所です。

有料サイトな分、デメリットでもありメリットでもあります。混み合うオンシーズンでも料金を払えば、快適なサイトを確保できる確率が少しでも上がります。

↑広場はこんな感じ。砂利ですが広い平面となっており、テントやタープの設営はすごく楽そうです。遮るものもなく、日当たりも良好。ということは、夏はタープ必須ですね。

家族連れなどの大人数でもサイトを楽に展開できそう。後ろ側に茶畑が見えるのは・・・ちょっと雰囲気はないですがご愛嬌(笑)その代わりに、すぐとなりには藁科川の清流が。

↑河原に下りていけるように、ちょっと人工的にならされた形跡があります。お子さんでも全然上り下りできる程度の階段・傾斜です。

↑川は常に形状が変わりますが、手前側は浅い水辺がかなり広くなっており、チャプチャプと水遊びができそうです。

ただし反対側が岩盤となっており、流れがあたって急深となっています。小さなお子さんの水辺での遊びは要注意です。

トイレはこちら

ちなみにトイレは向かい側の「玄国茶屋パーキング」の男女別の公共トイレがあります。

↑家族同士など、何台かの車で訪れることもあるかと思います。その時には荷物運搬用として1台だけを乗り入れて(1000円)、残りはこちらのパーキングに停めてしまうのもありかもしれません。駐車台数は十分な数が確保されていますので安心です(湯ノ島温泉公式WEBページには40台と表記)

「温泉付き」の隠れたキャンプサイト

ということで湯ノ島温泉広場〜奥側にある有料広場を偵察してきました。

隠れた・・と書いてみましたが、湯ノ島温泉を知っている方でしたらご存知でしょうし、そこそこ知られています(笑)オクシズの公式ホームページにも紹介されています。ただし「夏だからバーベキューやろうぜー!」という勢いで行われるレクリエーションBBQのニーズとしては、知る人・来る人はぐっと減る「まさに穴場」だと思います。

オクシズのキャンプ場情報 - 静岡市からのお知らせ | オクシズ - 静岡市中山間地域 奥静岡

無難に使えるデイキャンプ・バーベキューサイト

場所自体の感想です。個人的にはですが、普通のレクリエーションとしてのBBQ・デイキャンプ向けなのかなーと思いました。一年に一度だけ、ご家族や仲間で集まって行うバーベキューならピッタリな場所です。距離も遠すぎず、ちょっと遠くに来たレジャー感もあり、温泉という万人受けするだろう「特別ネタ」もあり。男女も大人子供も無難に楽しめる条件がそろっています。

そして、もし他の利用客がいなかったら、まさに広場。平らな広い地面のメリットで、子供たちも安心して遊べるかもしれません。

「温泉」という逃げ場

アウトドアにつきものである「突然の悪天候」「怪しい天気での集合」といった場合でも「温泉」という逃げ場があります。「まあ雨降っちゃったけど、温泉入って帰るかぁ〜」「挽きたて蕎麦でも食べてこっか」とすぐにプラン変更ができ、最悪の事態を回避できます。

ただし、キャンプ好きな人にあえてオススメするかというと・・・条件によります。温泉付きの魅力と、静岡市街から小一時間という距離感はナイスだと思います。ですが、贅沢だとは思いますがキャンプ・BBQをするなら、もう少し「自然感」がほしいかな〜!というのが感想です。

単にバーベキュー等なら、西里キャンプ適地の方が好みです。

いつでも無料キャンプ!静岡の西里キャンプ適地 ロケハンレビュー!

トイレ・水道あり・予約なしOK!という自由なキャンプ場「西里キャンプ適地」をチェックしてきました。静岡・清水エリアのバーベキューの候補地としても◎ですよ キャン ...

続きを見る

井川方面へのツーリング・ドライブの途中での宿泊といった場合では、他に替えがたい魅力があると思います。特に自転車などで、予定的にこのあたりで一泊したいという場合は、温泉も入れるという数少ない特別な選択肢になると思います。

↑湯ノ島温泉はすぐそこ。目と鼻の先にあり、一泊するにも色んな意味で安心です。

水遊びをして体が冷えたら、バーベキューで煙臭くなったら・・・走れば1分?で温泉に駆け込むことができますよ〜

撤収後、すぐにシャワーを浴びれるのは最高ですね。それどころか温泉にゆっくりつかれば、一日の疲れも癒やされます。

ということで、湯ノ島温泉の隣りにある、キャンプ・デイキャン・バーベキューができる無難な遊び場「湯ノ島温泉広場」のレポートでした!

場所は湯ノ島温泉浴場で検索すればすぐに出てきますよ〜

静岡市の日帰り温泉 湯ノ島温泉の入り口から
静岡・奥藁科の日帰り温泉「湯ノ島温泉」4K映像?いえ実写です。窓から望める美しい深緑と清流にうっとり♪

静岡の藁科川沿いにある日帰り温泉「湯ノ島(ゆのしま)温泉」に行ってきましたので散策&体験レポートです♪ ここの魅力はなんといっても、休憩室から見える美しい映像・ ...

続きを見る

-コンパクトキャンプ
-

Copyright© たまごごはん , 2019 All Rights Reserved.