たまごごはん

役に立ちそうなことを忘備録。オススメ情報や開封レビュー!

山と散歩

いつでも無料キャンプ!静岡の西里キャンプ適地 ロケハンレビュー!

更新日:

トイレ・水道あり・予約なしOK!という自由なキャンプ場「西里キャンプ適地」をチェックしてきました。静岡・清水エリアのバーベキューの候補地としても◎ですよ

キャンプにすっかりハマり始めたこの頃。ちょっとしたスキマ時間にどこかでキャンプできないかなー。富士五湖近くまでいくほど時間はないけど、ちょっと近場で遊べる場所があったらいいのに。予約とか面倒なことはなしで&しかも無料で(笑)

なんて都合のいい事を思っていると、静岡市清水区にそんな夢のような場所があることを発見。

これは行くっきゃないでしょ、と友人の方が先に(笑)現地にいったので追っかけて徹底フォトリサーチしてきました。

 

無料&予約無しでOK!BBQも家族キャンプもOKなキャンプ場「西里キャンプ適地」@静岡市清水区

バーベキューはもちろんデイキャンプ泊まりキャンプファミリーからソロまでOKでかつ無料という、とっても優しいキャンプ場。

西里キャンプ適地(てきち=キャンプに適した場所という意味でそのまま?)」

という場所です。

なんと言っても「西里キャンプ適地」の魅力は以下の3つ!

1. 無料!

2. 予約無しで365日24時間フラッと寄れる

3. 無料なのに水場・トイレ・駐車場が整備されている!!

 

もう、言うことありませんね・・・。

キャンプ場としては、そしてなんと言っても「無料のキャンプ場」としては何もいうことありません。。。

無料で利用できる、ありがたさ

なにをするにもお金がかかる時代です・・・

めまぐるしい現代社会を離れて、しばし大自然の懐へ。この週末だけは自然のなかで、人間のありのままで過ごすぞーー!と向かうキャンプ場でさえ、テント1張りで5000円ぐらいかかる場所もあります(笑)

とはいえキャンプやバーベキューは、レジャーの中では比較的お金のかかりにくい趣味のひとつかなと思います。

人数の多い大家族や子供さんのいる家庭でも、自然の中へ気軽に遊びにいけるという魅力があるんだと思います。

良心的なキャンプ場もとても多く、最低限の料金で楽しめる場所もありますが、無料っていうのは特別に破格です。

正直、いいのかなーーと不安になってしまう反面もあるぐらい。

あとで写真でもレビューしますが、最低限、いやそれ以上に十分整備されているんですよ!

これが無料って本当にありがたい!

芝生、草むらのグラウンドになっています。殺風景な砂利の河川敷とかじゃなくて夏だったら緑豊かなこの風景。ここ全体がキャンプ場となっています。

面倒な手続きなし〜予約無しで、思い立ったら行ける!

キャンプ場って予約が必須な場所もありますよね。

たしかに予約すれば確実にサイトを抑えられるので安心感はあります。でも毎回そういう状況がベストかと言われると、、もう少し気楽にいきたいときもあります。

続く雨模様のなか、天気の様子をみながら晴れたらいくかー。とか

小僧の体調をうかがいながら、行けたら行くかー。とか

仕事の具合で、、奇跡的にあがれたら行くかーー。とか(笑)

 

そんなときに無料かつ予約無しで突撃できるキャンプ場は素敵ですね。

夜中の23時頃に一人で現れたソロキャンパーの方もいました。この時間から来るか〜その気合いカッコイイなー!

 

静岡の無料キャンプ場「西里キャンプ適地」の徹底フォトレビュー

実際に現地を見てもらうのが一番だと思いますが、写真でロケハンしてきましたので雰囲気だけでも伝わればと思います。

まずは全体像から。

ここ全体がキャンプ場となっています。主にグラウンドは芝生、草地、土の感じです。川の隣なので場所によっては土が細かい川砂のようで、ペグが効きにくそうな場所もありました。

この日は9月の中旬。昼は汗ばむぐらいでまだまだバーベキュー日和です。

バーベキュー組が多かったですが全部で5〜6組でした。

すでに午後2時ぐらいだったのですが、聞いてみるとキャンプ組は撤収したとのこと。2組ほど泊まっていった様子です。

メインの小道を挟んで、自由に場所を使えます。

写真の見た目の通り、ある程度広さがあるのでハイシーズンでも満員でとても入れない!というケースは少ないんじゃないかなーと思います。

とりあえず今回の9月中旬の三連休は全然余裕がありました。

キャンプ場としての正式なルールは明記されていませんでしたが、直火でバーベキューした跡が残されていました。

何度も使われたっぽい、かまど的な場所もいくつか。

できれば残すものを最小限にして炭は持ち帰るか埋めるようにできたら、次もまたきれいなまま使えますね。

せせらぎを聞きながらバーベキュー。子供も大満足な水遊びスポット付き!

キャンプ場のすぐ隣は川になっています。

常にサラサラと音が聞こえ清流が流れていきます。

しかも川のコンディションも個人的にバッチリ。

全体的にちょうど浅いエリアになっており、天候によりいろいろ変化するとは思いますが、流れも緩やか。足首程度の深さの場所が多く、子どもたちが気軽に遊ぶにはもってこいの水場になっていました。

↓キャンプ場のすぐ隣が河原に。高さは1メートルもないぐらいの段差なので気軽に降りてゆけます。

流れがゆるやかで浅いエリアが多いのが◎。

サンダルで足だけ涼む女子たちや、2-3歳くらいの子供もお母さんと一緒に水際でチャプチャプと遊んでいました。

↓人が立っているあたりが浅いエリア、その奥は深くなっています。飛び込みもOKなほどの深さがあるようで、奥側にみえるキャンプ場の反対側のガードレールから小学生高学年ぐらいの元気な子どもたちが飛び込んで遊んでいました。

意外と3〜4メートルぐらい高さあるけど、みんなビビらずに飛び込んでいました〜わんぱくだぜーーー!

↓こんな小道がキャンプ場側から何本も川の方にあり、気軽に降りることができます。バーベキューをしていてもちょいと10秒で川岸なので、お父さん・お母さんも子供さんの様子を気軽に確認できそうです。

この季節はアユ釣りの方もかなり多くいらしてました。

駐車場に車だけ多かったのはアユ釣りの方々ですね。

ファミリーには必須なトイレも完備!無料の水道もきれいでした!

キャンプ場として成立する必須の要素かなーとも思う、トイレと水場。

その両方とも十分に整備されているのが「西里キャンプ適地」でした。

まずは水道。特に飲料可否についての明記はありませんでしたが、少なくともバーベキューの方たちはジャグタンクに汲んでいるようでした。

自分は迷わずにそのまま飲んできました。いい感じに冷たくて、勢いは一般の水道よりも弱く、おそらく井戸水かなーと思います。

両側に十分な数の蛇口が整備されています。

 

トイレもきれい・・・かどうかは個人の判断になりますが、個人的には無料の施設としては十分すぎる施設かなーと思います。

ここがトイレ。男女共用なのは賛否がでるかもしれないけど、なんせ無料。

常に開放されているので、虫の出入りや端っこの方にあるクモの巣はご愛嬌。

便器は和式。それでもすごいのは、ちゃんとトイレットペーパーが補充されていること!!

ちゃんとスペアのトイレットペーパーも用意されています。

こういう場所だと紙切れのトイレもあたりまえのように見ますが、無料なのにこのクオリティーには感謝です。

「西里キャンプ適地」の駐車場。まずは車が停めれないと・・・これがなけりゃ「キャンプもバーベキューも始められない」

ありがたいことに駐車場もこれだけのキャパがあります。

全部で40台ぐらいは停められるかなーと思います。会社のバーベキューや友達家族で集まるときに別々の車で集合、ってよくあると思います。

そもそもどんなに設備がよくても、もし駐車場がなければ諦めて帰るしかありません。水もトイレもなんとか自分たちで用意したとして、どこかに車が置けないと始められないのがバーベキュー&キャンプかなーと思います。

この駐車場のキャパは本当にありがたいです。グループでつめて調整すれば50台ぐらい行けるんじゃないかと思う余裕の広さ。

↓キャンプ場への出入り口側(水道・トイレ側)から見た感じ。広いですね。

↓「西里キャンプ適地」自体へは、この入り口から入ります。

↓駐車場の入り口から入って一番奥側のここからキャンプ場へ入れます。左手の建物がトイレです。右手が水道。

↓写真の通り、川と駐車場の間にはコンクリートの段差があるので、ファミリーなどの大荷物な方は要注意。この段差の下に四輪の台車を置いて、そこまでは手で荷物を積んでいました。

↓上のキャンプ場入り口から入ってすぐの風景。こんな感じでキャンプ場が広がります。

「西里キャンプ適地」へのアクセスとその他

無料&予約無しで、自由に使えるというパブリックな「西里キャンプ適地」。意外とこの自由さって、天気に左右されやすいアウトドアレジャーにとっては、かなりありがたいと感じます。

最後に静岡市清水区にあるこの「西里キャンプ適地」への行き方、そして分かりにくい駐車場への入り方と、ちょっとした現地情報を。

↑水道近くの看板。鮎・シロウオ・シマヨシノボリが見られるらしい。少なくともアユ釣りのおじさんちは10人ぐらい見かけた。

近くには森林公園「やすらぎの森」が。そちらには公営の「静岡市清水森林公園 黒川キャンプ場」があります。こちらもなんと無料で利用できる数少ない貴重なキャンプ場!でも、こちらは予約が必要なんです・・・

近くには「カワセミの湯」という同じく公営の温泉もあります。遠くから来た方は帰りに是非寄ってみては。

この森のジェラートはまだ食べていませんが・・・特に更新されていなさそうな「本日開店中!」はちょっと怪しいかな(笑)こういう看板を頼りに行くと、だいたい休みだったりする自分。まあ、期待せずに行ってみてはいかがでしょうか。

↓はトイレへの張り紙。

人のいないブルーシート等での場所取りは禁止。とのこと。

川の反対側はこんな景色。ここへアクセスする舗装道路が隣接していますが、自分がいた時にはそんなに車通りがなく、地元の方だけって感じでした。特に気にせず静かに楽しむことができそうです。

自然も豊富で、夏の間は虫もいくらか多そうです。子供は・・・嬉しいかな(笑)

行った頃、この9月には彼岸花がシーズンでした。秋の雰囲気を漂わせつつも、十分に熱くて夏の雰囲気満載な9月中旬。子どもたちはみんな川へ飛び込んでました。

バーベキュー組の若い女性陣も川岸で足だけ浸かって涼んでいました。

立地は若干山奥にはなりますが、市街地と比べて明らかに涼しいぐらいの差はありません。気持ち、涼しいかな〜というぐらい。肌寒さを感じる春秋のバーベキューには嬉しいポイントですね。

駐車場のハシにはこんな看板も。

同じく駐車場の端っこにはこんな階段があり、家屋の奥に見えるのは自販機です。いざという時には飲み物も気軽に帰る、ファミリーに優しい立地になっています。

「西里キャンプ適地」への行き方。駐車場・アクセス

国道1号線からの静岡・清水方面からくる方がほとんどだと思います。52号からのアクセスですね。

「西里キャンプ適地」はGoogle地図でも検索すると出てきます。

キャンプ場への入り口が・・・ここは正直わかりにくくて、、自分も分かっていても見過ごしてしまいました。要注意です!!

↓52号から分かれてナビ通りに進めばこんな風景が見えてきます。ここを右手に曲がります。川の方へ降りてゆく感じで、距離は50メートルほどです。

普通の生活道のような道に見えますが、この細い道を奥に進みます。

こんな車一台の細めの道ですが、勇気を出してすすみます。

茶畑と、小さな工場、納屋の間を通って、少し不安になりますが(笑)すぐに駐車場の入口が見えてきます。

もしも近くなら、ふらりと寄るなら、絶対に便利なキャンプ場!

無料でそして予約無しで、トイレ・水道付き、そして川遊びスポット付きという贅沢すぎる「西里キャンプ適地」のロケハン的レビューでした。

思った以上に雰囲気も良くて、自分も絶対すぐに遊びにいくぞー!と思いました。

静岡の近くの方で知らないよーって方は、是非下見だけでも一見の価値あり。会社や仲間での気軽なバーベキュー場候補としても超便利です。

ああ、ここでこのままキャンプ&バーベキューしたいぜ・・と思いながら、、、なんとも後ろ髪引かれるレビューでした〜!

こちらも人気

ニトリ羽毛布団-臭い・匂い 1

2016年冬、ニトリのかるふわ羽毛布団を買った 【※2017年1月5日、感想を追記しました~】 9月入っても、気分は夏の延長。 まだまだ半袖でしょ・・・なんて思 ...

ニトリ羽毛布団 無印の毛布についた羽毛 2

口コミや評判も人それぞれな「ニトリのかるふわ羽毛布団」を3ヶ月使用してみての感想とレビューをつぶやきます。 ニトリのふわふわ&もふもふ感に感動しつつあれから約3 ...

ポリプロピレン 組立式ワゴン・キャスター付・3段 外れるようにする方法 3

  「組立式ワゴン・キャスター付・3段」の棚を外せるように、一度ハメたら取れなくなってしまう棚を、いつでも分解・取外しできるようにするプチカスタムです ...

歯ぎしり&いびきマウスガード 4

やすらかな寝顔のお姉さんがなんとも。こんな風に幸せに眠りたい。。 朝起きたとき、ふつうは「あーーー寝たぁ~~!!元気!」 って感じですよね? それが、 「え、も ...

青森ヒバ油スプレー犬・ペットにも 5

青森産ひば油(ヒバアロマ精油)で家じゅう簡単スプレーを作ってみる。(水道水で・・・) 以前から気になっていたこちらをアマゾンで買ってみました。   【高級】 青 ...

-山と散歩

Copyright© たまごごはん , 2018 All Rights Reserved.