たまごごはん

役に立ちそうなことを忘備録。オススメ情報や開封レビュー!

パソコン関連

Camera RAWでXMPファイルが見つからない時[JPEG・PNG・PSD]

投稿日:2019年9月11日 更新日:

hhh pc

Camera RAWで画像を補正・変更したのに、XMPファイルが無い・見つからない・・・XMPファイルが見えない??そんな時の解決法です。

Adobe BridgeやAdobe Photoshopなどで便利に使えるCamera RAW。

Camera RAWデータベースに保存しちゃってる??何度環境設定を見ても、「変更画像の保存先:サイドカーファイル(.XMP)」になっています。

しかしXMPファイルが見当たらない。画像ファイルと同じディレクトリ・フォルダに有るはずなのに見えない。。

そもそも.XMPファイルは見えなくて当たり前・・JPEGだったから

散々環境設定を確認したり、アップデートしたり、OS自体の隠しファイル非表示を見直したりと時間を費やしましたが、見えなくて当然でした。

現像したファイルがJPEGの場合は、XMPファイルに相当する変更データはファイル本体に埋め込まれるらしいです。知りませんでした。。。

↑Adobe Lightroomのメタデータ書き出し時のダイアログ。ちゃんと書いてありました。後から気付きました。。

POINT

JPEGの他にもPNGやPSDなども同じく、XMPファイルは生成されないとのこと。

 

ディレクトリを移動しても変更内容は反映されている・・・それなのにXMPファイルが全然見当たらない・・・と不思議に思っていましたが、そういうことらしいです。

 

RAWファイルでもXMPファイルが無い・見えない場合

RAWファイルの現像をしてもXMPファイルが書き出されない場合はトラブル・設定違いの可能性があります。

改めてCamera RAWの環境設定を見直してみてください。

No tags for this post.

-パソコン関連

Copyright© たまごごはん , 2019 All Rights Reserved.