たまごごはん

役に立ちそうなことを忘備録。オススメ情報や開封レビュー!

これ!役に立った

車の窓の日差しが暑いとき〜日焼け対策!運転席と助手席のサンシェード

投稿日:2019年7月11日 更新日:

コスパ&解決〜役に立った!

夏の車の悩み!車中の暑さ車の窓からの日差し日焼け対策をまとめました。

自分は今まで仕方ないや・・と気にしていなかったのですが嫁さんの要望で、車の日差し・日焼け対策を調べてみたのでメモ。女性的はやっぱり日焼け・紫外線はかなり気にしているんですね〜

ですが、実際にやってみると直射日光が当たらないだけでだいぶ暑さは軽減。ドライバーとしての車中の暑さも思った以上に軽減したので良かったです。

当たり前過ぎてベタですが、日差しを遮るサンシェードは暑さ対策に効きくんですね!

車の窓が暑い=日差しが当たる=日焼け。夏の車の窓対策〜サンシェードで暑さをマシに

夏のギラギラとした炎天下、車の中はまさにホットプレート状態。ボンネットで目玉焼きが焼けるというのは都市伝説ではないようです。。

夏の車内を少しでも涼しくしたい、そして女性からの視点では助手席・運転席の日焼け防止にいい方法がないか調べてみました。

でもやっぱり、色んな意味でサンシェードにいきつきます。

車の窓からの日差し、暑すぎる

真夏のドライブ、車の窓からの日差し、超暑いですね・・。ドライバーはもちろん、助手席でも後部座席でも、誰もが経験したことのある辛さだと思います・・・。

後部座席に一人で乗っていたら、日差しがない方に逃げることができます。でも運転席のドライバーや助手席は、逃げ場のない車内。走行している方向によっては、ずっと日差しが窓から直撃。ずーーっと右手に日差しが当たり続けます(笑)

営業車で仕事をしていた時は、本当に右手だけ見事に真っ黒に。真夏なのでどうしても半袖シャツですし、女性のようにアームカバーはさすがに恥ずかしい&めんどくさい。若かったせいもあり、騙し騙し我慢して運転していた記憶があります。

車の窓からの紫外線、思った以上にくるらしい

そして、紫外線・日焼け対策という意味でも夏の車内は結構残念な結果らしい。

実は直射日光が直接肌に当たらなくても「日焼け」をするそうです。スカッとした青空が広がる晴天日は、車内もまぶしいぐらいに明るくなります。直接光はもちろんですが、光が反射して間接光として届いているからです。

女性の天敵、紫外線も同じだそうです。目に見えない紫外線もかなりの量が車内に入り、乱反射して肌にあたっているらしいです。

そんな中、逃げ場のない車内でずっと直射日光にあたるのは、相当にキツイですよね・・。ある意味、日焼けマシーンの「弱モード」でずーっと日焼けしているのと同じ状態とも。

で、なにが一番いいんだろう。。やっぱりサンシェードでした!

今年は特に初夏から暑い日も続き、嫁さんが車に乗る機会も増えて、日差し問題は切実に感じていました。ということで、本気でいろいろ調べてみましたが、やっぱり「サンシェード」に行き着きます。

まあ、そうだよね(笑)シンプルに日差しを遮り、分かりやすくて、コストも安くて、確実に効果があります。

知らなかったのですが、紫外線・熱線をカットできるコート剤のスプレーなんかもあるそう。また、同じく紫外線カット専用のフィルムを張る方法もあるそうです。が!コストや手間を考えると、正直違うかなーという感じ。

お金でなんとかする手もありますが、車を買い換える予定もあり、とりあえずは今年の夏をしのぎたい・・・(笑)

夏の車の日差し対策、まじめにチョイス。

似たような商品ばかりで、何が違うのかさっぱり分からない物も多いネットショップ。

今回自分が買うにあたって、まじめにチョイスしたものです。商品数はあるのですが、実質のバリエーションがなく、なんとなく選びにくい買い物でした。。参考にしてみてください〜

↓絶対に吸盤でつけると思い込んでいた・・・。昔はなかった、吸盤じゃないタイプ。今はこれがスタンダードらしい。同じサイズが4枚。小さめなので大型車の場合は後部座席でも2枚使うかも。断トツのレビューで安定。

↓2枚長方形と、1枚は運転席・助手席の窓に使えそうなカタチ。実際使うには合理的かも。一番人気ではありませんが、これ買ってみました。まあまあの作りで、最初はシワが寄っていましたがまあ使えるレベルです。日差しも直射日光と比べると天と地の差!!まあ安いし、とりあえず買ってよかったです。

↓助手席・運転席の窓のはじっこにつけるタイプ。ズラすメリットはあまり感じないけど、顔に近い部分だけをガードできる形状なのは◎。メッシュと完全遮光が重なっているので、そのままの状態では完全ガード状態で使えます。

↓これ、窓につけないので窓を自由に開け締めできます。基本的にエアコン使うとはいえ、夜には窓を開けたくなるときもあるし、これはいいのでは。あとから見つけた・・。ちなみに道路交通法では運転中はフロント・助手席・運転席には何も貼っちゃダメってことになっています。剥せるフィルムでもNGだそうです。上の商品は基本は休憩中につかう想定です。が、現状は普通につけて走っている車もめちゃくちゃ見かけますね・・・。警察署の前も普通に通ってるし、捕まっている人いるんでしょうか?その意味だと・・・これは手前に吊るしているから、対象外?NG?

↓吸盤タイプ。数少ない少数派になっていました・・。探したけど吸盤タイプ少し。吸盤は窓の上方につけるので、窓を開けてもOKなのがいいところ。あと、窓の形状に関わらず上から下まで全体をカバーできるので、しっかり隠したい人はこのタイプ一択ですね。後部座席の荷物・お子さん・車中泊にもいいですね。

↓元祖吸盤タイプ。昔はこれしか無かった(笑)でも使ってみると、頻繁に着脱する人はいいかも。ぺたんと付けて、ポコンと外すだけ。

サンシェードじゃないけど、暑い夏の車内にこんなもの。

↓すごい売れてる、購入後の画面でオススメされて気付きました。レビューを読むといい理由がわかります。たしかに西日の眩しさだよなぁ。。目の疲れもぜんぜん違うし、日差しが苦手な人(目が充血しやすい人)は必須ですね〜


↓涼しいシート、これも長年ある商品ですが最近のは高性能!価格もすっかり消耗品価格。

↓車にも使えるUSBタイプの座面クーラーです。マジで涼しくてびっくりしました。配線が少し邪魔ですが暑さが吹き飛ぶことを思うと手放せないのが現状です。。。

エアリークッションを徹底レビュー!
デスクワークの椅子の蒸れ・クッションとお尻の蒸れ・汗…どうしてます?魔法のクッション&シートクーラー?!

夏が来ます・・暖かい季節になるとなんとなく、開放的な気持ちになりますよね。座り仕事をしていて、同時に開放したくなるのが、、椅子の蒸れ!汗! 暑くなってくると、椅 ...

続きを見る

-これ!役に立った
-, , ,

Copyright© たまごごはん , 2019 All Rights Reserved.