たまごごはん

役に立ちそうなことを忘備録。オススメ情報や開封レビュー!

山登りと野良キャンプ

富士五湖観光!新鮮なジビエを楽しめる「猪〜いのしし汁」。本栖湖付近を散策するのもオツ。

投稿日:2019年1月5日 更新日:

初日の出〜竜ヶ岳登山の帰り、本栖湖キャンプ場を出た後、本栖湖周りを少し散歩してみました。

本栖湖自体は観光地として超有名、The富士山周りの観光名所です。

でも観光駐車場から少し歩くだけで、ちょっと味わいの違う土地そのままの雰囲気を感じることができましたよ♪

おまけ。元旦の竜ヶ岳初日の出の帰りには・・・。本栖湖付近を堪能するのもオツ。

無事に初日の出を拝めた竜ヶ岳。

折角なので、帰りには本栖湖近辺を散策して帰りました。

元旦と言えば初詣。無事に登ってこれたことに感謝しつつ土地の神様にお礼をこめて付近の神社とお寺に寄ってきました。

まずはやっぱり本栖湖へ

本栖湖キャンプ場に前泊した訳ですが、本栖湖は直接見えなかったため、改めて本栖湖とご対面。

湖畔を散策して景色を楽しませてもらいました。

暖冬と言われる2018年冬〜2019年元旦も、さすがに本栖湖のほとりの水際はこんな風に氷が張っていました。

なんと、本栖湖の有名な遊覧船「もぐらん」も元旦から運行していました。

意外にも、元旦から運営してくれているんだ〜

明らかに乗客は少なめだったのでゆったりと楽しめそうです。

元旦ですし。初詣として近くの神社巡り。

↑この通りを139号線の方へ歩いていくと〜

本栖湖の辺りには2つ直近のお寺・神社があります。

初日の出の帰りにはお礼・縁起担ぎに、是非寄ってみてはいかがでしょうか?

いずれも歴史から生まれた由緒ある場所のようです。

お賽銭箱やおみくじもなく、見るだけの場所ですが、歴史を感じることができます。

両方とも、観光駐車場にある案内板に位置が掲載されています。どちらも139号線沿いにあり、本栖湖の近くの駐車場からは歩いて10分もかかりません。

1.龍海山 江岸寺

先程登ってきた竜ヶ岳にいわれがあるという江岸寺。

以前はまさに湖岸にあったようで、そこから「江岸寺」という名前になったそうな。

でも湖畔近くの低い位置にあったようで、民家より低いのはどうかと住民に協議され、現在の位置に移されたそうです。

以前はお寺が軍事的な拠点としての役目も果たしていました。そんな戦国時代ならではの理由もあるのかもしれません。

寺号は「龍海山」はもちろん・・竜ヶ岳に関係しているとのこと。

広大な湖はまさに海だったんだろうな〜。かっこいい。

↑お寺自体はなんとも控えめ。

2.七社大明神(金札様=キンササマ)

「キンササマ」といも呼ばれている七社大明神。

その昔は江戸時代、有名な天明の大飢饉の頃。

村の荒廃に困り果てた村の長2名が、京都本社まで足を伸ばして祀られることとなった大明神様。

↑暴れ神輿のまつりがあるそうで、唱えごとは各地にみられる「アロウ・・・」から始まるそう。

密教系の要素もあるのでしょうか。安泰・豊作・疫病除けとして祀られた神様だそうです。

↑神社自体はとても質素。あえて観光地化されておらず、まさに地元の神社。

 

おまけ。地元で捕れたジビエ肉を堪能!2019年の干支「いのしし汁」を頂く♪

場所は139号線から本栖湖に入ってすぐの売店エリア。

今日は2019年元旦。そして今年の干支はイノシシ!

とうことで、こんな看板がドーーーン

↑年末年始限定。そして今年は干支もイノシシ、そしてイノシシがちょうど捕れたため出しているとのこと。

たまたまの出会いだし、干支の縁起物として頂くしか無いっ!!

お店のキレイなお姉さんによると、地元のイノシシでつい最近とれたそう。

ジビエは絶対的に流通量が少ないため、やはりタイミングもあります。またイノシシは罠で取るために、かかった時しか捕れない山の幸。

さっき登った竜ヶ岳から見渡せたどこかの山で捕れたんだろうなー。山の恵みに感謝していただきます。。。

↑いのしし汁。柚子胡椒と七味は好みでトッピングできました。

気になるお味は・・・

基本は超コクのある豚汁風。

臭みを消すためかニンニクが少し強めに効いています。

肉の旨味と脂がたっぷりと出ており、コク旨。

ギューーっとツマッタ濃厚な味でご飯がめっちゃ欲しくなる。

 

こ、これは・・・・

 

チョーーー(猪)美味しいわ!!(笑)

標高1000メートル近くある本栖湖。日中は0℃を上回るも、やはり新年から底冷えしてきますw

↑そしてこれが「イノシシ」

食べ始めたら真剣にうまくて、だいぶ具を食べちゃって、気づいたら最後の肉しか撮れなかった。

ほとんど「豚肉」。でも新鮮なのか部位の関係なのか、ぷりぷりとした歯ごたえ。豚肉で出会うことが多いキシキシとした肉感はなく、みずみずしい食感でした。

イノシシ!っていうからには何となくイメージだけで、臭そう・・と思ってしまいますが、全然!

臭みを消す下ごしらえの効果もあるのかも知れませんが、ケモノ感はほとんどなく豚肉以上に上品なお肉でした。

↑自分が来た時は誰もいない、椅子サークル。

焚き火があったのだろう、くすぶる丸太を囲んだチェアに座って頂きました。

なんか絵がシュールw

↑窓に反射する富士山を眺めながら、イノシシ汁。なんか温まって眠くなってきた・・・

↑普段はこちらの「松風」さんで地元のジビエが出されているとのこと。本栖湖近辺でアピールされている鹿カレーもいつか食べてみたいな―。

 

 

と、のんびりと本栖湖周りを歩いてみるのもオツでしたよ。。

夏ならソフトクリーム片手に歩くのもええですねぇ。本栖湖っていつ来ても、やっぱいいねえ〜

おわり。

 

↓の帰りに寄りました

本栖湖キャンプ場 元旦キャンプ
年越しキャンプin本栖湖キャンプ場〜竜ヶ岳の初日の出も!びっくりするほどゆったり快適でした

2018年12月31日、大晦日にキャンプへ行ってきました。なんとなく憧れていた「年越しキャンプ」を初体験してきました〜! 大晦日〜元旦って、キャンプ場って激混み ...

続きを見る

竜ヶ岳から望む「2019年元旦〜初日の出」登山レポ。キャンプからの〜登山!

2019年元旦。本栖湖の湖畔にそびえる「竜ヶ岳」にて初日の出登山行ってきました! 当日の雰囲気、元旦のご来光登山の様子を思い出がてらレポ。 今年は初めて初日の出 ...

続きを見る


-山登りと野良キャンプ

Copyright© たまごごはん , 2019 All Rights Reserved.