たまごごはん

役に立ちそうなことを忘備録。オススメ情報や開封レビュー!

コンパクトキャンプ

富士五湖付近へのキャンプ前に「駒門PA」で「富士山の水」を無料補給♪美味しい天然水を汲んでいくという遊び

投稿日:

駒門パーキングエリアでGETできる、富士山の天然水

富士五湖周りでのキャンプの前に!無料で美味しい、富士山の天然水を汲んでいくという遊びはいかがですか?!

東名高速道路「駒門パーキングエリア[下り]」にある、天然水の補給ポイントの紹介です。ジャグやペットボトルなどに、必要な分だけ美味しい天然水をGET!

富士山のふもとで、富士山の天然水でいただくキャンプ飯。ロマンを感じませんか?!・・・そうでもない??まあ、最後に紹介する販売コーナも楽しいですし、休憩がてらに寄ってみても損はありませんよ〜

駒門パーキングエリアでGETできる、富士山の天然水

関東方面〜東京・神奈川から富士山方面へ向かうなら、きっと通るハズ。ここは東名高速道路の駒門パーキングエリアです。

↑普通にトイレ休憩で寄ったことがある人も多いはずです。

ここに、無料で汲める天然水コーナーがあるのを知っていましたかー??

↑「富士山の水」富士山の伏流水を地下50Mの深さから汲み上げた水だそうです。

富士山付近には湧き水がとても多いです。忍野八海なんかは代表例ですね。さらに標高を下げた海に近いエリア、三島付近も有名です。常に大量の湧き水が年間を通じて見ることができ、観光地にもなっています。

その中間あたりにある御殿場と裾野の間、駒門でも湧き水がとれるんですね!

早速飲んでみましたが、水です(笑)細かな味はわかりませんが、もちろんカルキ臭さはなく「うまい水」でした。

↑思ったよりも冷たい!さすが地下水!

キャンプ・車中泊の水補給にいかがでしょうか?

汲める場所は2ヶ所あります。いずれも目立つ場所にあるので、ちょっとウロウロすればすぐに分かりますよ〜

↑蛇口も2個あり、大型のジャグに汲んでいくキャンピングカーの方もいらっしゃいました。今からキャンプか?!ああ・・いいなぁ・・・

↑あいにく今日は曇り。富士山は見えませんでしたが、晴れていれば富士山がドーンと見えます。(ちなみにこの方向よりもっと右側です)

富士山を見ながら、富士山の天然水を汲んでみる。「ほら、あの富士山に降った雨が流れてきたんだよー」とか子供にウンチクを語ってみる。富士山とキャンプへの期待感を高めつつ、キャンプにつかう水をゲット。じわじわとテンションも上がってくるのではないでしょうか〜

↑結構汲んでいく人が多いです。見ている間にもまた1人・・。看板にも書いてありますが、大きな容器に入れる場合は他の人と譲り合いで気持ちよく〜

休憩にもぴったり?地味だけど・・・駒門パーキングエリア[下り]

貴重な「富士山の天然水」があると知ったら、何かと理由をつけて駒門パーキングエリアに寄ってみるしかありませんね!(笑)

特に規模は大きくありませんが、最近リニューアルしておりとてもキレイなパーキングエリアです。奥さん・子供さんのトイレ休憩にもぴったり。

↑と何やら・・自衛隊グッズと!!そう、ここは御殿場演習場のお隣。総合火力演習などの際にはとても賑わう場所でもあります。

だからといって自衛隊グッズか!という感じもしますが、もうこうなったらご当地名物扱いですね。と何の気なしに見てみたら面白かったです(笑)

↑迷彩・カモフラ柄つながりでキャンプに使えそうなグッズもあったりして・・・

折りたたみ椅子・ポンチョ・ポーチなど、最悪忘れてしまった!という場合、使えそうなアイテムもありました。とりあえずチェックで寄ってみては〜

↑その他にもご当地の品物が販売されていました。これは・・・使えますね♪

地元産・・じゃないみたいですが、野菜・果物などをリーズナブルにゲットできます。ししとうとか、チョイ足しオツマミで最高ですね〜

↑そして肉!!肉もありまっせ!これは富士山麓〜御殿場などの地元産のグルメが手に入ります。ハムやウインナーなど使いやすい素材が多く、特に考えずに買ってもグリルで焼けば悩むことはありません。

地元の素材で、富士山を眺めながら・・・富士山の水で割った酒を!なんて最高ですね(笑)

まとめ〜休憩ついでに水&食材を補給!

日本は水が豊かな国です。コンビニやスーパーで安全でキレイな水が激安で買えます。正直、水がいるならペットボトルで買ってしまえば一番カンタンだと思います。

しかし、あえてキャンプ場への道すがら、富士山の麓〜御殿場で「富士山の天然水」を汲んでみる。という遊びです(笑)

地産地消じゃありませんが、地元でワクワクしながら想定外の食材を買ってみるのもワクワクします。前に同じく道の駅で鹿肉ウインナーを試してみた事を思い出します。思わぬ出会いが、想い出になります。

キャンプの行き帰りもキャンプの一部です。行きも帰りも手を抜かず、小さなことで楽しんじゃうのが自分たちで作るアウトドアの楽しみではないでしょうか〜

キャンプやツーリング・キャンピングカーでの旅など、水が必要&水補給の機会にぜひ。駒門パーキングエリアで無料で汲める「富士山の水」の紹介でした。

-コンパクトキャンプ
-, , ,

Copyright© たまごごはん , 2019 All Rights Reserved.