たまごごはん

役に立ちそうなことを忘備録。オススメ情報や開封レビュー!

これ!役に立った

マキタの互換バッテリー、持ちはどう?ちゃんと使える?マキタの18V掃除機用に購入してみました&レビュー

投稿日:2019年10月7日 更新日:

マキタの18V互換バッテリー

噂のマキタの掃除機を買ったので、マキタの18V互換バッテリーを買ってみました。

マキタの純正バッテリーは少しお高いのが悲しいところ。掃除機で一般にも注目されるようになりましたが、MAKITAは工具メーカーです。過酷な現場仕事でも安心して使えるように、高い品質と信頼度で作られています。

とはいえ、家庭用の掃除機で使うなら「もうちょっと安い」と嬉しいかも。ということで、禁断の互換バッテリーを購入してみました。

ちなみに充電器はマキタ純正の充電器を使用。純正充電器で互換バッテリーを充電するのは、大変恐縮な使い方ではありますが・・・安いバッテリーでも普通に使えるか〜をレポートしてみます。

純正バッテリーと互換バッテリーどのくらい違う?

正直、同じ値段だったら間違いなく純正を選ぶと思います。

ですが、純正には純正なりの高い理由があります。それはやっぱり安心さ。現場仕事の環境は過酷です。真夏の50度以上の車内から-20度の真冬。そして365日安心して使える故障の少なさが求められます。

自分も若い頃は腰袋を付けてインパクト(ドライバーのことです)を持って仕事をしていた時期があります。当たり前のように予備バッテリーも持っていきますが、スペアの意味も兼ねています。2個持っていって、1個が突然壊れてしまったら後半は作業が止まってしまいます。建築系の職人さんなら現場が遠いこともあります。「ちょっと戻って取ってこよう&充電しよう」なんてことはできません。

そういった意味で、可能な限りの品質・安心度を高めたのが純正バッテリーだと思います。もし仕事だったら純正バッテリーを選ぶと思います。実際どれだけ価格差があっても安心の純正バッテリー派はかなりいらっしゃるはずです。

ですが、今回は一般家庭の室内で使う掃除機。もしバッテリーが壊れても・・・数日掃除機がかけれないぐらいだけ。まったく支障はありません(笑)

多少品質にブレがあっても、ある程度のレベルで使えれば、安い互換バッテリーを選ぶという選択肢もありかもしれません。

純正バッテリーと互換バッテリーの価格差

ということで、純正バッテリーと互換バッテリー、どれだけの価格差があるの??

↓純正バッテリーです。価格は約1万3000円

対して互換バッテリーは・・・

↓今回買ってみた互換バッテリーです。価格は約4700円。しかも、2個で!

 

という価格差ですが、いかがでしょう??(笑)

絶対に失敗できない仕事現場に一個だけ持っていくなら、安心の純正バッテリーで決まりです。

しかし、家で使う掃除機なら・・・。しかもバッテリーが2個。最悪1個が壊れても、もう一つでとりあえず使えます。そして仕事ではないので、ゆっくり充電を待ってから1時間後に掃除機をかけても問題はないはずです。

仮に2セットかったら4700円×2=9400円で4つもバッテリーパックが手に入ります。予備の予備、保険の保険としても十分過ぎるコスパではないでしょうか・・ちゃんと使えればのハナシですが。

ということで、奥さんに最近モノを買いすぎ・・・と目をつけられている事もあり、迷わずマキタ用互換バッテリーを購入してみました〜

マキタの充電式クリーナー18V[CL282FDZW]のために互換バッテリーを買ってみた

Amazonで買った充電式クリーナーの前後に注文。バッテリーを後で注文しようと忘れてしまい、使えない掃除機本体だけが数日転がっておりました・・・。新規に掃除機を買う時には一緒に注文をお忘れなく。

実際、マキタのコードレス掃除機ってどうなの!!2019年CL282FDZWを徹底レビュー。やっぱり残念なのは○○でした…

家電芸人オススメでも話題になった、あのマキタ-Makitaのコードレス掃除機を買ってみました。いろいろ噂は聞くけど、実際の使用感・掃除機としての機能はどうなの? ...

続きを見る

↑純正の充電器と、互換バッテリー×2個が届きました

ちなみに充電器はマキタの純正を買いました。コードレス掃除機を互換バッテリーで使う一般ユーザーの方でも、このチョイスが多いみたいです。

バッテリーは互換、充電器は純正。というのは、充電器については互換も純正もあんまり値段が変わらないから。コレに関しては純正が安いのかも知れません。

↓純正充電器です。急速充電タイプもあります。普段なら食いついてそうですが、家庭でのバッテリー2個での使用・・・全然急速充電する意味がなく、普通のタイプにしておきました。

↓互換品の充電器。レビューは十分にあり、機能的には問題なさそう。でも価格差はイマイチ?

マキタのバッテリー互換品はかなりのラインナップがあり、レビューも総じて高めです。国産工具メーカーとしては揺るがないブランドのマキタ。ユーザーの裾の広さを感じます。

↑今回購入したマキタの互換バッテリー。中くらいの容量で6000mAhです。

現場仕事でも使っているというレビューも散見しています。さっきの内容と矛盾してしまいますが、これだけ安ければ同じ値段(か、それ以下)で4つバッテリーを確保できます。故障や不具合のリスクは数でバックアップ。トラブルも見越してガンガン使っていくというスタイルもありなのかもしれません。ただし予備品も常に充電が必要なこと、荷物が増えること、使用頻度に関わらず劣化していくことなどを踏まえると、総合的なメリットを考慮する必要があります。そんな話を組立配線系の知り合いが教えてくれました。

ちょっとハナシが逸れましたが、家庭用なら気軽に安く使っちゃおうよ!という互換品。

見た目も変な感じはまったくありません。互換バッテリーの中には明朝体で「リ チ ウ ム・・・」と書かれた外観の下のようなバッテリーもありました。見た目は若干ばらつきがあるみたいなので、好みのモノをチョイスしてみてはー。

B07F18CX1G

↑いかにも互換品感が・・実際は普通に使えるんだろうけど、イマイチ感が否めない・・・

最近はバッテリと充電器間での通信機能もあるそうで、複数の端子が見えてます。差し込み・装着に関してもまったくスムーズに入りカチッと止まります。

↑端子側。純正品と同じく?精度はともかくですがバッテリーの残量表示がちゃんとついています。

↑白いボタンを押し込んで取り外しできます。形状や細部のデザインまで純正バッテリーとほとんど一緒、といっても過言ではありません。

↑裏面

↑この電池マークがボタンになっています。ここを押し込むとバッテリー残量がLEDで表示されます。

↑押してみました。ハイッ!満タンです。4つのLEDが点灯しました。でも・・・1秒もせずに消えてしまい見にくいのと、ボタンの押し心地が微妙です。このあたりはハッキリとクオリティーの差が出ています。まあ実際目安程度にしか使わないです。

開封直後でしたが、はじめから満タンに充電されていました。すぐに使えるのは嬉しいですね。

↑18V6.0Ahの互換バッテリーで重さは実測で597グラム。

↑マキタの充電式掃除機CL282FDZWとセットで計量、実際の重さは1760グラムでした。

大容量なので若干重めです。

ちゃんと使える?まとめ

ということでマキタの互換品バッテリー、使ってみましたが全く問題なし

正確に純正品と比べたわけではありません。ただマキタ掃除機の方のレビューにも書きましたが、十分な稼働時間でした。大容量タイプということもありますが、純正品のスペック表示とほぼ同じ感覚で使えていると思います。

実際にクリーナーで使用する時には標準か強モードで使っています。それでもトータルで50分〜1時間以上使えています。実際に一回7〜8分の使用で、それより短いときもあったと思いますが9回か10回ほど使えました。(途中で忘れてしまい・・アバウトですが)とにかく十分にバッテリー持ちしてくれることが分かりました。

↑純正充電器でも問題なく充電できます。充電時間はざっくりですが容量ランプが1で充電して1.5時間ぐらいでした。

純正バッテリー1個の「半分の値段」で、「2個」買えるから・・2つ組での充電サイクルが可能!

家での使用なら十分にニーズに応えてくれる互換バッテリー。特に2個セットで買っておけば「充電」をまったく意識すること無く使えます。「あ、電池切れだ」となったらスペアと交換。また充電しておけば、ストレスのないバッテリーサイクルが可能です。

↑2個セットで純正の半分のお値段!正直・・・うれしいです(;_;)

掃除機をずーーーっと2時間も3時間も掛け続けたいんだ!という耐久レースがもし発生しても(大掃除?!にしても、さすがに体力が持たなそうw)ある程度は動かせます。先ほどの通り1時間ぐらいは稼働するので、その間にもうひとつを充電して、満充電になりませんがまた交換して・・・と非常にまれですが2時間以上の連続使用にもなんとか対応できそうです。

あえて小型・軽量のバッテリーで、負担を減らす

また互換品でも容量をある程度(主に3.0mAh、6.0mAh、9.0mAh)選べます。稼働時間は短くなりますが、小容量タイプは軽量というメリットがあります。

軽量な小型のバッテリーで交換の手間と充電のサイクルは増えますが、疲労を軽減して軽快に使う!という使い方もありだと思います。ご年配の方や腕がすぐに疲れちゃうんだーという人は、あえて小型の互換バッテリーを選べばトータルの快適度は上がりそうです。

マキタ純正バッテリーと重さ

バッテリー 重さ
BL1820B(2.0Ah) 約370g
BL1830B(3.0Ah) 約540g
BL1860B(6.0Ah) 約660 g

純正でも互換でも、バッテリーの重さと稼働時間はどうしても比例します。

3.0Ahと6.0Ahでは容量は倍になりますが、重量としてはあまり変わりません。互換バッテリーの中でも圧倒的に6.0Ahの商品が多いのは重さとのバランスが理由だと後から気づきました。

我が家のニーズとしては2人暮らしで3部屋しかないこともあり、多少重くても交換の手間が省けるからいいやと、6.0mAhの容量をチョイスしてみました。

 

↓今回購入した互換バッテリー2個セット

↓マキタ純正のバッテリー充電器

↓今回購入したマキタの噂のコードレス掃除機!はかどる!

 

その他のバッテリー容量はこちら。

安心の3000mAhのマキタ純正バッテリー

 

安さの3000mAhのマキタ互換バッテリー

 

超大容量!時間を気にせず使うなら。9000mAhのマキタ互換バッテリー

 

実際、マキタのコードレス掃除機ってどうなの!!2019年CL282FDZWを徹底レビュー。やっぱり残念なのは○○でした…

家電芸人オススメでも話題になった、あのマキタ-Makitaのコードレス掃除機を買ってみました。いろいろ噂は聞くけど、実際の使用感・掃除機としての機能はどうなの? ...

続きを見る

-これ!役に立った
-

Copyright© たまごごはん , 2019 All Rights Reserved.