たまごごはん

役に立ちそうなことを忘備録。オススメ情報や開封レビュー!

登山とハイキング

疲れ吹き飛ぶ見晴らし&笹だらけ、青笹山ハイキング。安倍奥は雪だらけ[前編]

投稿日:2017年2月12日 更新日:

青笹山 アクセス

安倍川沿いの隠れ名山「青笹山」、静岡県と山梨県の県境にある1500m級の山です。超気持ちいい尾根道、笹だらけの山頂を歩いてきました!

2月といえば一番寒い時期。会社へ行くにもレッグウォーマーをしている寒がりですが、、寒波のニュースをよそに安倍川沿いの青笹山の登山に行ってきました。

静岡安倍奥の青笹山(あおささやま)ハイキング。

時間があったら足を伸ばして峠道を通りたかったのですが、新道から真っ直ぐ山頂までいき、ピストンで戻ってきました。

葵高原への途中の道から徒歩で出発(約8:35) 

葵高原に到着(約9:10)

新道・旧道分岐点(約9:30)

風穴(約10:05)

稜線出会い(約11:00)

青笹山 山頂に到着(約11:25)

 

山頂を出発(約12:15)

葵高原に到着(約14:05)

駐車した車の場所まで到着(約14:25)

=全行程トータル時間 5:50

 

距離約9.8km
最低高度667m
最高高度 1562m
累計±移動した高度 1026m

 

青笹山までのアクセス

静岡市街からおよそ15キロぐらい、安倍川沿いに北へ向かいます。

国道29号という道です。新東名高速 新静岡ICから直接アクセスできて便利です。

こんな川沿いの道を進みます。いつ通ってもなんか好きな道だな~

有東木(うとうぎ)という地名のエリアに入ります。29号線からこんな感じのY字路で分岐します。

上の写真の左手は小さな商店さんになります。おでんののぼりが出ていました。バス停もあります。

ここからは一本道で、くねくねと曲がりつつ有東木の民家の中を通ります。途中、「うつろぎ」という商店&お土産店的なお店がどーんと現れますので、そのまま直進してゆきます。

「うつろぎ」を過ぎるとバスの転回所があります。

さらに進みます。左手に大きな岩とお地蔵さんがあります。「えぼし石」と書いてありました。

そのまま真っすぐ、山に向かって進みます。

杉の木の暗い道に入る手前、小さいですが青笹山の看板が出ています。

このまま直進です。

少し道が細くなり林道のようになってきます。

わさび田が見えます。

このわさび田を過ぎた所で、、、

突然道路がこんな感じになります。

葵高原 駐車場までは車で行けず、スタッドレス&四駆ならいいかも

いきなり路面がこんな状態でした。

雪ならまだしも、かなりアイスバーン。むしろほぼ氷でした。

この路面、かなり凶悪につき、、って感じです!!

早速、ノーマルタイヤ&ミニバンで来た方が餌食になっておりました。。身動き取れず、、ガードレールに接触しつつ、、ズルズルと下がる始末。JAFを呼んだそうですが、その場にいた方と一緒にタオルなどを敷いて、その後脱出できてました。よかったです~(^^)

そうこうしてると、四駆&スタッドレスのおっさんが、さ~っと何ごともなく進んでゆかれました。かっこいいぞ!

さっきの場所から20メートルほど進むとコレ。

逆にこっちの方がまだタイヤが効きます。自分はここで切り返しました。

たった数メートルなのに、雪って急につもりますよね。。不思議だ~

 

本当はこの道の先に駐車場があるのですが、のんびり歩いていきます。

でかい石、岩?来る途中にも大きな石がごろごろしていました。

雪に囲まれたわさび田。風情あるねぇ~

何の足跡??犬?

蹄のように見えるけど、、、なんだろう?

さっきまで真っ白だと思ったら、急にきれいな道が。

逆に境目が凍ってる場所が多くてやっかいな路面でした。歩くのにも滑ってしまう~

すでに少し高い場所にいるようで、景色がキレイです。

葵高原、青笹山 登山口のすぐにある駐車場

 

ここはまた雪がなくて、全然車で来れそうな気がしてしまう。。スタッドレス&四駆が羨ましいです(-.-;)

この場所は葵高原という名前らしく、ここから林道~山道に入っていきます。

葵高原は地名じゃないらしい・・グーグルマップでは出てこなかったです。

ここから新道を通って稜線出合いに向かいます。そのままうつろぎ山、青笹山と進みます。余裕があったら帰りは大回りして帰りたいけどなー

気温はほぼ0℃。上は寒そうだな~

作業道のような道を歩き、わさび田を見学しつつ登っていきます。

綺麗な水のおかげでワサビの名所になったらしい。あちらこちらで水が豊富。

そして凍ってます。。。偶然できる綺麗なカタチに

もうちょい林道的な道を歩きます。

ここから山道へ

細島峠、青笹山と看板が出ています。

わさび田の右手の小道を歩いていきます

里山の風景って感じで好きだなーー

雪に埋もれた、、古いユンボが哀愁

日当たりがいい場所は雪もありません。光も差してきました。

レールをまたいで進みます

あ~お日様が暖かい。。。気持ちいい朝の空気です

ここはわさび田のすぐ脇にの排水路になります。

排水路といっても靴で歩けるほどの水量でした。この道ではない?道を10メートルほど歩きます。

バリバリに凍ってます。

新道と旧道の分かれ道。稜線出合いへ新道で向かいます。

わさび田から離れるカタチで、山道に入っていきます。案内板と動物よけの網の扉を進みます。

この場所から新道と旧道で別れているようです。今回は新道で行きます。頂上でお話した方は旧道できたとのこと。荒れてますか?と聞いてみましたが、全然そんなことないよーとのことでした。次行くなら旧道だな!

植林を歩きます

沢に向かって

少し沢沿いに進みます。雪の踏み跡がしっかりありました。

看板も比較的たくさんありました。雪道の中でピンクリボンが目立ちます。

陽の光と雪の白さで、、おもわず目を細めてしまう山の朝。このあたりは特に気持ちよかったなぁ~

ここはなぜか、無風。

音のしない、銀色の世界を楽しめました。

沢を離れると歩きやすい明るい木々の間をすすみます。

「風穴」に到着!

切れかけていますが「この先だよ」って書いてあります

夏場にいくと、涼しい冷たい風が出てくる穴があるそうです。一応探してみたけれど・・・結局断念、、スルーしました(笑)

大きな岩や石、石垣がいくつもありました。その中の一つだと思われます。結構この日は雪が深く、踏み跡がないと10cm近く積もっているところも。

石の割れ目をつついて回りましたが、、周りも冷たい風が吹くのでさっぱりわかりません(笑)

 

ここらへんでモンベルの6本爪のアイゼンを着けました。

モンベル スノースパイク6の評価&レビュー
初心者が買った、モンベルの6本爪アイゼン。スノースパイク6を開けてみる

そもそもアイゼン必要なの??と思いつつ、mont-bell スノースパイク6を開封レビュー 「そもそもアイゼンなんて必要なの??」   なんて思うのは ...

続きを見る

この前後から急登となってきます。ハアハア言いつつ慣れないアイゼンで進みます(-.-;)

↓の後編へ続きます!

青笹山 山頂
疲れ吹き飛ぶ見晴らし&笹だらけ、青笹山ハイキング。安倍奥は雪だらけ[後編]

青笹山ハイキングの続きです。ここからが良いトコロ!頂上までの尾根道は最高の天気に恵まれました! 疲れ吹き飛ぶ見晴らし&笹だらけ、青笹山ハイキング。安倍奥は雪だら ...

続きを見る

山頂と笹と雪のコントラストは、是非一度だけでも見て欲しくなる感じです♪

No tags for this post.

静岡の山いろいろ〜参考にさせてもらいました


静岡の方はもちろん、県外でもお近くによったらぜひ!静岡県には富士山以外にも山があります!(笑)


↓静岡の低山のベスト20!かなり優しいハイキングコースもあり、大きくて分かりやすいです♪



↓山じゃなくて「道」〜パートナーや友達を誘って気軽にいけるハイキングコース♪そして低山へと徐々に誘う(笑)



↓山歩きの入門に〜素敵な写真がいいですね



↓永久保存のムック本です。はじめは本を読むだけでワクワクして眠れなかったなぁ〜



-登山とハイキング

Copyright© たまごごはん , 2019 All Rights Reserved.