たまごごはん

役に立ちそうなことを忘備録。オススメ情報や開封レビュー!

これ!役に立った

U5000円の普段使い&そのまま遊びにもいけちゃう無難なランシューズ【adidas ランニングシューズ GLX4 M】レビュー

投稿日:2019年8月7日 更新日:

ジョギング・ランニングシューズを新しく買ってみました。adidasのGLX4 M(ジーエルエックス4M)と読むらしい、低価格のお安いランニングシューズです。

軽くジョギングもできて、そのままコンビニ・スーパーはもちろん、そのまま普通に遊びにも行けちゃうような便利な靴ないかな・・・というめんどくさがりなニーズを満たしてくれるアイテムです(笑)

シティーラン、帰宅後の軽いラン&買い物など、普段履きでも使えてしまうシンプルデザイン・マルチユースな見た目がナイスです。

ランニングシューズ「adidasのGLX4 M」見た目はいかが?

とはいえ、見た目やデザインはやはり個人の好み次第となります。カラーによっても違うと思いますがそういった用途も含めてブラックをチョイス。こんな感じはどうでしょうか??

↑こんな感じです。シンプルイズベストで、嫌味のないデザインではないでしょうか?一応メンズのランニングシューズとなっています。この見た目なので男女兼用でOKですが、ちゃんとウィメンズもあります。

↑正面から。底面のソール自体がブラックなのが特徴です。細かいですが、底面が白いソールはちらりと見えた時にすごい汚れていて、なんかショックです(笑)

側面はぐるりと一周ホワイトですが実際の接地面はブラックになっており、個人的には気に入りました。

↑上面から。通気の良いメッシュ素材となっている足の甲部分。今どきのニット系ほどではありませんが、比較的薄め。暑い時期・ランのときには逆に嬉しいポイントです。冬の走り始めは寒そうかな・・・

ランニングシューズ「adidasのGLX4 M」各部の感じ

↑外側側面と、かかと部分です。

↑内側の側面です。アディダスの特徴的な3本のラインで無難なデザインになっています。

そういえば、こんなニュースが出ていました。アディダスの3本ライン「独自性に欠ける」 EU裁判所が商標権認めず | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

まあ、、そうですよね・・・

↑ソール部分。ラン系のフラットなパターンです

↑近くでぐーっと寄ってみると、ディテールに確かな安さを感じます(笑)

↑全体のデザインにもなっているアディダスラインの部分は樹脂製となっています。紐を締めた時はいい意味で左右からホールドされる感があり、悪くありません。

↑かかと周りも見た目通り補強が入っており、グラつきは少なめです。

↑水濡れには弱そうなメッシュ部分。薄くて良いんですけどね・・・みずたまりを踏んだら、すぐに染みてきそうなイメージです。

↑ソール部分の高さは約4センチ強。十分なクッション性でジョギング向けの柔らかタッチ系です。クラウドフォームというテクノロジー名がついていて、やはりソフトなクッション製が売りのようです。

ダラダラと街を歩くにも、スーパーで両手に重いものを買って帰る時も、足〜膝が楽なのは幸せです(笑)

以前に旅行に行った時に革靴(レッドウィングのブーツ)で行ったのですが、予想以上に歩くことになり、最悪な思いをしました。見た目より、快適さ・・その意味では日頃の履きつぶしにはぴったりそうです。

ランニングシューズ「adidasのGLX4 M」履き心地と使用感

使用感というまではまだ履いていませんが、普通にいい感じです。

Amazonで購入したため、サイズ感だけが気になりましたが自分の場合は特に問題なし。

レビューではフィットに関しておなじみの「大きい・小さい」が勃発していましたが毎度のことでご愛嬌。シビアなランナーだとちょっとしたフィット感の調整が気になると思いますが、このお値段・クラスなのでそもそも無理な部分もあるかもしれません。

「靴幅: 3E」となっており、狭くはありません。自分の場合はnew balance・ナイキ系のスニーカーのいつものサイズで注文しましたがサイズに不満はありませんでした。

安いランシューズは気軽に履きつぶし!少し大きめをオススメする理由

勝負用の試合靴の場合は別ですが、こういうトレーニング・趣味ラン・お散歩・むしろ街歩き・・用のシューズは迷ったら少し大きめを選ぶようにしています。

小さい場合は手の施しようがありませんが、大きい分にはインソールで遊べるから。今はネットでいろいろなニーズのインソールがかなり安く手に入ります。むしろ安い靴だからこそインソールを使うというロジックさえあります。

靴も大事ですが、基本は消耗品です。中のインソールも消耗品ですが、ジェルなどのクッション系でなければ寿命を長く使うこともできます。そして意外と、履き心地や疲れに直結してくるのがインソールになります。自分の場合は登山での膝の痛みで「インソールの違い」を身を持って実感しました。

スーパーフィート、足の痛み。登山の膝痛解消に!
スーパーフィートの効果は個人差あり?登山で膝痛対策として試してみました

登山の時、特に下山時にどうしても膝が痛くなってしまう悩み。 楽しい山登りが苦痛になってしまうこの痛み。なんとかしたくていろいろと対策を試してみました。 その中で ...

続きを見る

見た目もよし、歩きやすさもよし。サイズが合えばとりあえず一足買っておいて損はないかも

少し話がそれましたが、普通に履いた感じも悪くなく普段使いにバリバリ使えます。街履き用としても黒のスキニーに合わせれば、違和感なくシュッとしたカジュアルシューズにも見えます。

アンダー5000円と書きましたが、今は自分買ったときよりも、さらに半分に迫る勢いで安くなっています・・・複雑な心境ですが(笑)

コンバースなんかもカッコいいのですが、最近は「歩きやすさ」がすべて!と思えてきます。日頃からガシガシと使えるランニングシューズ・普段履きつっかけスニーカーとしていかがでしょう?

↓カラーは少なくなってきていますが、まだまだあります。

↓カジュアルな接客業なら、そのまま仕事にも使えそうなオールブラック。これはこれでニーズがあるようでレビューも多めでした

↓女性用ももちろんあり。ウィメンズはこちら、GLX4 Wという型番です。

↓愛用のスーパーフィート。基本の矯正だけでとにかくシンプル。そしてクッションではないので長く使えます。

↓インソールでは定番のシダス。安いランシューズもインソールで生まれ変わる!

iPhone7 ジョギングケース
ランニング・ジョギングの時のiPhoneってどうしてる?スポーツ用スマホホルダーを買ってみた

ジョギングの時にスマホってどうしてますか?今回はジョギング・ランニング時にも使えるiPhoneホルダーを買ってみたのでレビュー。最近はホントに走っている人が増え ...

続きを見る

New Balance 574S
ちょっと話題らしいnew balance 574Sスニーカーを写真レビュー

ニューバランスのスニーカーを新調しましたよ! 以前履いていたニューバランス1600がだいぶボロくなってきたので・・・スニーカーマニアではありませんが、ちょっぴり ...

続きを見る

-これ!役に立った
-,

Copyright© たまごごはん , 2019 All Rights Reserved.